Dnsmasqを使ってDNSサーバとDHCPサーバを構築する

はじめに

RaspberryPiは消費電力が非常に少ないので常時起動しておくサーバに最適です。

そこで今回は、RaspberryPiにDnsmasqをインストールし、ローカルDNSサーバ、DHCPサーバを構築してみます。

ローカルDNSサーバとは

その名の通り、ローカルなIPアドレスにドメインを振るサーバです。

例えば、192.168.1.10というアドレスにmain.localというようなドメインを割り当てることができます。

ローカルネットワークに大量に機器が接続されている場合には、IPアドレスではなくドメインでアクセスできるようになるため、利便性の向上が見込めます。

Read More

SO5の天臨魚と霜降りミートの作り方

はじめに

「天臨魚」と「霜降りミート」は、どちらも「レシピ合成」では作ることができないアイテムです。
物語を進めて「クリエイティブ合成」で作ることができます。

天臨魚

霜降りミート

流れとしては、レシピ合成(料理)でカニ雑炊を作ってクリエイティブ合成するという流れになります。

実際に作成してみます。

Read More

RaspbianをSDの最大容量まで使えるようにする方法

はじめに

前回は、RaspbianをMicroSDカードに書き込むところまで書きました。

Raspberry Pi2(Raspbian)の初期設定 | Gazee

https://gazee.net/develop/raspberry-pi-raspbian-setup/

今回は、以下の内容を行っていきます。

  • SDカードを最大容量まで使うために、パーティションの変更
  • タイムゾーンをJSTに変更
  • Raspbianのアップデート
  • RaspberryPiのファームウェアをアップデート

Read More

Javascriptを使ってブラウザ上で動作するボイスチェンジャーを作る

はじめに

最近、FaceRigとボイスチェンジャーを使って美少女になりきるという技術が現実的になってきて驚いています。

特にボイスチェンジャーの部分は、音声認識+テキスト読み上げ(TTS)で実現しているようです。

これだったらウェブブラウザ上で実装できるのでは?と思い今回は、アプリケーションに頼らずウェブブラウザ上で動く擬似的なボイスチェンジャーを実装してみました。

処理手順は以下の通りです。

  1. Web Speech API(SpeechRecognition)を使って声を文字列に変換
  2. VoiceText Web API(With Proxy)に変換した文字列を渡して、ArrayBuffer型の音声を取得
  3. Web Audio APIでArrayBufferをデコードして再生

このような処理手順で実装しました。

Read More

LINEの引継ぎ時に「正常に処理できませんでした」というエラーへの対処法

はじめに

機種変更などでLINEのアカウントを別の端末に引き継ぎするときに、IDとパスワードを正しく入力していても、「正常に処理できませんでした」と表示されてしまうことがあります。

今回は筆者も遭遇したこのエラーの対処法について書きたいと思います。

Read More

CloudFlareのWEBキャッシュをGithubのWebhookを使って自動削除する

はじめに

GithubPagesに構築したウェブサイトを運用する際に、CDNサービスのCloudFlareを利用するとページ速度の改善や、HTTPSへの対応が楽にできて非常に便利です。

しかし、CloudFlareにキャッシュされた静的ファイルが削除されず、記事を投稿したりCSSを変更した際に困る場面が何度かありました。

今回は、GithubのWebhookを利用して、CloudFlareのキャッシュを削除してみます。

Read More